看護学校の面接対策を無料で行う方法

看護学校の小論文、面接対策を無料で行う方法

看護学校,情報,効率,入試対策,無料


受験したい看護学校は決まりましたか?

ここ最近は看護師の安定さに惹かれて目指す方が増えているため、働きながら資格取得が出来る准看護学校の受験者数も多く非常に高い倍率になっています。

私が受験をしたときには3〜4倍でしたが現在の母校では5〜6倍になっているそうです。


1年でも早く資格取得をする方が経済的にも気持ち的にも断然楽になりますので可能な限り受験は1回で済ませたいですよね。



看護学校の受験、入試対策は筆記試験だけでは難しい。


看護学校の入試、受験は筆記試験と小論文、面接がセットで行われています。


准看護学校や看護学校含めて大体求められる学力は中学校卒業程度レベルです。
いわゆる高校入試レベルですよね。


この高校入試レベルと聞いて「なんとかなるかも」と思った方は注意した方がいいです。

なぜなら同様に思っているライバルはたくさんいるからです。


そうなってくると筆記試験はハイレベルな戦いになるかもしれませんが、看護学校は受験生の学力よりももっと大事なものを見ています


それはこの人は看護師に向くのか?という人間性やあなたの医療への関心です。


看護学校の入学試験であなたの人間性や医療への関心を見るところといえば面接や小論文になりますね。


人間性なんてすぐに磨けない、医療への関心なんてそこまで…看護師になりたいだけなのにって悲観しないでください。

実はほとんどの受験生はそうでしょう。

だからこそ今のうちから準備をしておくことでより有利になることができます。


その重要な面接や小論文の対策方法について説明します。





看護学校の面接対策、小論文対策は意外なもので収集できる


看護学校,情報,効率,入試対策,無料

看護学校の入学試験が近かったり、追い込んだりしたいために時間がない方でも十分に対策できる方法があります。

今更、分厚い医療の本を読んだり、また情報を求めてインターネットなどを彷徨うのはとても効率が悪いです。

しかも現在医療従事者でもないあなたにそのような情報は理解できるとは到底思えません。



だけどこのような時間がかかって効率の悪いことはかなりの方がやっていることなんです。

あなたが1年でも早く看護師になるためには受験をパスして看護学校に入学することです。

ですのでたくさんのライバルがやっていることをあなたも同じようにやっていたのでは有利になれません。



看護学校の小論文、面接対策は無料のパンフレットを使う。


小論文や面接で問われたことに対してあなたが何かを答える、またはあなたの気持ちを伝えるにはあなたなりの情報をもっておく必要があります。

だけど受験勉強で必死ななか今更知識の無い医療系の本を読む時間はないかもしれませんし、知識が無い分読んでもわからないことが多いでしょう。

逆に間違った解釈であなたが面接、小論文対策をしてしまう可能性が高くなってしまいます。

先ほども書きましたがそのような間違った対策をしてしまい受験に失敗する方が多いのです。

看護学校の教員や面接官はあなたの先輩である看護師や医者です。

いい加減なことを言ってしまうとあっさりと見破られてしまいます。


そこでオススメするのが他の看護学校などのパンフレットから情報を得るのです。


看護学校はたくさんあるし、力を入れている学校なんてのは情報公開もしっかりしています。

そこで裏技的な方法になりますがそういう力を入れている看護学校のパンフレットを入手して現在の医療の流れや、小論文または面接で使えそうなコトバの情報収集をしておくのです。


看護学校のパンフレットは学校長の言葉だったり現役学生のコメントだったりと志望動機に使えるヒントがたくさん詰まってます。


しかもこれらはこれから受験する一般人や学生向けに書いていますのでとてもわかりやすい言葉で書いてくれているのです。


そのような分かりやすい情報をたくさんストックしておくことであなたも整理しやすくなりますし、面接時に予想外に聞かれてもすっと返答できるといえます。



ここ最近の看護学校は入試での点数も大事ですが、面接などでの人柄やどれだけ医療情報に興味をもっているのかなど点数以外のところも重視されています。

それはなぜか?

看護師さんの起こした事件をご存知ですか?何年か前ですがかなり大きなニュースで取り上げられたのです。

一つは医療事故と、もう一つは虐待関係です。

看護師も点数だけの世界ではなくモラルや人柄が重視されるのです、確かに看護師は人手不足ですが大きな問題を起こす可能性のある人まで看護師にするべきではありません。

ですので面接や小論文のときなどにどのような情報を知っているか、またあなたのモラルについて問われる可能性が高いのです。

看護学校のパンフレットにはそういう「現在の医療は。。。」なんて文面も多く学校長の挨拶などから大切なキーワードが掲載されています。


そういうものをあなたなりに理解したり調べたりして面接や小論文の時に利用する事でライバルより一歩先に出るのです。


なによりこれらをオススメするのは

  • あなたの貴重な時間を有効に使えること。
  • 無駄な出費をすることなく面接、小論文対策ができる。

という大きなメリットがあるのです。



無料で看護学校系のパンフレットを集められるサイトを紹介します。

無料で看護学校や他の専門学校のパンフレットが手に入れることができるホームページを紹介します。



これらのホームページの利用のデメリットとして、

パンフレットの申し込みをしてから数日掛かるかもしれないため急ぐ場合には難しいということがあります。

ですので予め早めに申し込んでおくほうが望ましいでしょう。


逆にメリットとしては、

  • 無料で手に入れることが出来る。
  • お住まいの地域とは別の看護学校のパンフレットを手に入れることができる。
  • 利用するのとしないのとでは手に入る情報量がまったく違う。

ということがあります。


次に無料で看護学校のパンフレットを配布しているホームページを紹介します。



なるには進学サイト
 


なるには進学サイトの特徴はかなりの専門学校数を紹介されているということです。

取り上げている専門学校が多いのですが一括で資料請求できるので、例えば「看護師」で検索をして出てきた学校を一括請求することで手間が省けます。

情報を簡単に一気に収集できるため無駄な時間を使わなくて済むという大きなメリットがあります。


>>【なるには進学サイト】資料請求はこちら
 
 

マイナビ進学
 


学生の進学向けになりますが、専門学校の資料検索サイトです。
全国エリアで紹介されているのでパンフレットを請求しやすく情報が集めやすいオススメサイトです。


>>マイナビ進学はこちら




リクナビ進学

 

あなたのように社会人から看護師などの専門職を目指したい方向けに専門学校などを紹介、資料請求できるサイトになります。

社会人の受け入れを考えている学校ですのでパンフレットにも情報が多いはずです。

また、看護師以外の医療職の学校もありますのでいろいろと入手しておくことで幅広い面接対策や医療業界の要約された情報が集められます。


>>リクナビ進学はこちら




以上がオススメになります。

この3つは無料でパンフレットをもらえるので余計なお金を使わなくて済むし、わざわざ交通費を払うことなく手に入りますので便利ですよ。


上手なパンフレットの使い方を伝授!

では無料請求でゲットしたパンフレットの上手な使い方を説明します。

  1. 看護学校のパンフレットをしっかり読む
  2. 学長や教師のコメントを読んで現在の医療関係の大枠での様子を知っておく。
  3. 学生のコメントを読んで看護学校のイメージを掴む
  4. 2.3の内容をあなたなりの言葉でまとめる

これらでまとめる理由は看護学校受験の時の面接時に質問された場合や、逆に聞きたいことはありませんか?といわれた時のネタになります。


面接時での質疑応答のときに「特にありません」はマイナス評価になるって知っていますか?


背伸びした質問をする必要はありませんが、的を得た質問をすることは大事です。だからこそ情報収集は必要です。


パンフレットの請求は無料ですので早めに手に入れておく事で勉強の合間などに見る事で客観的な情報を手に入れることができます。

あなたが受験する学校ではなくとも情報をストックしておくことは多ければ多いほど有利になります。
 

ですので効率よく情報を手に入れることで面接や小論文を書く際にパンフレットで手に入れた重要なキーワードを入れる事が可能になります。


入試は結果的に合格したものが勝ちです。


ですから利用できるものはどんどん利用していきましょう。


時間もお金も無駄になりませんからね。

よかったら参考にしてみて下さい。





関連ページ

【受験生なら違いを知っておこう】正看護師、准看護師の違いって?
知っているようで知らない看護師と准看護士の違い。看護学校の面接で案外聞いているところもあるようですね。試験段階から知っておくと面接評価上がるかも?
28歳男が通った准看護師のなり方。
僕は28歳から会社員を退職して看護師になりました。そこから正看護師になるまでの道のりを簡単にまとめました。
【体験談】准看護師免許取得後、正看護免許取得のメリット。
私は28歳の時にサラリーマンから看護学校に入学し33歳で看護師となりました。看護師に興味があるんだけど年齢や性別で実際に看護師になれるか不安のある方、疑問のある方に対しちょっと背中を押してあげられるサイトを目指しています。
【体験談】准看護師免許取得後、正看護免許取得のデメリット。
私は28歳の時にサラリーマンから看護学校に入学し33歳で看護師となりました。看護師に興味があるんだけど年齢や性別で実際に看護師になれるか不安のある方、疑問のある方に対しちょっと背中を押してあげられるサイトを目指しています。
看護師のなり方〜看護専門学校へ行く(レギュラー編)
看護師のなり方として、いわゆるレギュラーコースと呼ばれる看護専門学校3年制についてお話しします。
看護師のなり方〜看護大学編
看護師のなり方で最近増えている看護大学でのことについてまとめています。
看護学校入学後に行う学校での勉強ってどんなもの?
看護学校にめでたく入学してからどんな勉強をするのか気になりますか?では簡単にですがまとめてみましたので参考にしてくださいね。
看護学校の病院の臨床実習ってきつい、泣かされるって本当?
看護学生の一大イベント、臨床実習についてお話しします。地獄となるか天国となるかは本人とグループメンバー次第なんですよね。
【1年を無駄にするな】看護学校の面接時の髪型、髪色について
看護学校の入学試験で一番大事なことってやはり第一印象ですよね。でもたまにすごい人いますよね。そういう方のおかげで合格に一歩近づくわけだけど(笑)