看護学校の入学試験対策を効率よくするためには

看護学校の入学試験対策を効率よくするためには

看護学校おすすめ勉強方法

 

お疲れ様です。

 

看護学校への入試対策進んでいますか?

 

 

看護学校の入試の対策を半分の時間で済ませる方法があったら。

 

私が看護師への道に挑戦しようとしたときにはまだ現役サラリーマンでした。

 

 

仕事で夜に帰ってきて准看護学校の受験対策として国語、数学の高校入試程度の問題集を延々と繰り返していました。

 

当時の私としてはそれが一番いい方法だと思っていたし、それぐらいしか試験対策は知らなかったのです。

 

 

しかしこの方法は問題集を繰り返し解く作業は退屈でもあり、同じ問題でつまづくと「なんで自分はできないんだ」とイライラ感も出るし仕事の疲れもあり投げ出すこともありました。

 

 

だって見えないゴール(合格)を目指して頑張っているのに何年も勉強していないので解けずイライラして集中できず、さらに負けず嫌いの性格もありとても悔しかったのです。

 

気持ちばっかり空回りしている状態だったんです。

 

 

准看護師を経て、今は正看護師として随分経ちますが結局看護師になる唯一の道は看護学校に合格することから始まります。

 

 

要は看護師になるには看護学校に入学することが条件なんです。

 

 

 

 

それは傾向と対策を知らなかったから。

 

 

そして今、このHPを作ろうと思って色々と調べていると今と昔では試験対策で「今はこんなものもあるのか」と驚いたものがあります。

 

 

 

 

 

効率よく入試対策ができれば面接対策や家庭のことに時間が使える。

 

 

当時から私は結婚しており、家のことはありがたくも奥さんがしてくれていたので仕事から戻って受験勉強をすることができました。

 

これがシングルマザーであったり、一人暮らしだったり家事分担があったりするととてもじゃないですが時間を作るのに一苦労です。

 

 

時間を作らなければいけない理由として、勉強方法がわからない、基礎が出来ていない、忘れていることも多いためなにせ時間が必要だったのです。

 

時間が必要で問題も解けないしとイライラ、時間の浪費と悪循環してしまうのは想像できますよね。

 

 

時間というものは誰にでも平等にあり、そして有限なのです。

 

 

入試を控えて出来るだけ無駄な時間は使えませんよね。

 

 

だけど家庭があったり仕事がある人にはその時点で既にハンデなのです。

 

だからって諦めますか?せっかく看護師になろうって決めたのに。

 

諦めたら、悩んだ時間も無駄にしてしまいます。

 

 

 

私が最効率での勉強方法としてお勧めしたいのが通信教育です。

 

 

こちらは珍しく社会人専門の看護予備校の通信教育です。

 

社会人専門となっていますが基礎を復習するために高校生、中学生が学ぶのもいいかと思います。

 

より効率が上がると予想できます。

 

 

さらに准看護師コース、正看護師コースもあり、全国の過去問題のデータを収集しているそうなのでより効率的に学べると思ったからです。

 

准看護学校を目指す人には正看護学校の教材は不要です。

 

 

よってコース分けされているのは非常に効率的にもお金的にもコストパフォーマンスは良いと言えます。

 

 

ちなみにこちらのHPで過去問題を公表されている学校も紹介されています。

 

教材としてはありきたりですが教本とDVDと一部スカイプも使えるそうです。

 

しかしこちらではDVDでの繰り返し見られる講義が好評のようで様々なメディアでも取り上げられています。

 

 

■↓看護学校受験対策講座の紹介です。↓

 

 

 

 

通信教育は続かない?

 

これって本当にそうでしょうか。

 

通信教育と言えば子どもの頃に親に言われて始めてる人が多く、少しずつさぼって気が付けば大掃除の時に封も開けていない教材が出てきて親に怒られるといった懐かしいエピソードが出てきますが、自分で看護師になるために始めたのならば途中でやめたりするでしょうか?

 

 

しかも自分で働いたお金なのでとても貴重です。お金はできるだけ無駄にはしたくないです。

 

 

未来の自分のためと思うなら出費ではなくこれこそが投資だと言えるのです。

 

 

 

 

合格保障制度がありがたい。

 

 

今年は不合格だったからまた来年頑張ろう、と思える人は残念ながらなかなかいません。

 

それはモチベーションの低下だけでなく教材をまた入手しないといけないなどの面倒さや様々な理由がでてきます。

 

 

ですがこちらでは合格保障制度があります、

 

これは残念ながら不合格になった場合でも講習を引き続き受講できるといった安心感のあるサービスもあります。

 

 

本当に私も経験しましたが働きながら勉強するというのは労力を伴います。

 

 

ストレスも大きいです。

 

 

しかも現在は看護師人気で准看護学校、看護専門学校の受験レベルはかなり高いものとなっており、准看護師制度の廃止も昔から言われ続けており私個人としては1年でも早く入学することをお勧めしたいのです。

 

そしてライバルに勝ってほしい。

 

 

人間はどうしても先延ばしをしてしまう生き物です。

 

そんな中で看護師を目指そうと思い受験まで狙っているのであればぜひ一回で合格して次のステップに進んでもらいたいのです。

 

だから効率的に、余裕を持って試験対策をしてもらいたいのです。

 

 

 

自分のため、家族のために看護師を目指すなら最効率で受験対策をしましょう。

 

 

私が過去にやったダラダラと問題集を解くのはとても効率が悪く、不合格になったときには「もういい」と投げ出すかもしれません。

 

それだと決意も時間も無駄になってしまいます。

 

それでいいですか?

 

 

大事なことなのでもう1度だけいいます。

 

看護師を目指すと決めて行動することができたのだから無駄なく、効率よく入試対策をして合格しましょう。

 

問題集に比べて値段はしますが実際の予備校に比べても随分安いですし、看護師として働き出したらすぐに元が取れてしまいます。

 

 

なのでまずはどういう講座なのかを確かめるために資料請求されてみてはどうでしょうか。

 

 

私もHPを見ましたが利用者の声や授業サンプルもあり分かり易いなと関心しました。

 

問題集は例えば数学の場合、一般的な回答や解き方なんかは省かれている場合が多いためDVDでの講座だったらその方法をあなたが納得するまで確認する事ができます。

 

 

これから受験対策をされる社会人の方や基礎を深めて確実に合格できるよう看護学校向けの受験対策をしたい学生さんにもオススメしたいです。

 

 

■↓気になる方は資料請求は無料ですので一度見てみてはいかがでしょう。↓

 

 

 

 

これが私が思う看護学校の入試対策を半分の時間で済ませる方法です。
 

 

資料請求は無料ですので目標に向かってまずは看護学校に合格しましょう。
 
頑張って下さいね!